• ここでは、例として、H1ビーコンを取るが、この命令は、H1に適用されます, H2, H3, 等
  • デフォルトのパスワード: Moko4321

iBeaconであなたのビーコンの設定

Googleで検索MokoBeacon再生したり、Appleのアプリストア. または始めるために下のボタンをクリックしてください

MOKOBeacon APPをダウンロード

1. オン/オフH1-iBeacon

H1-iBeacon ONにしてください:

ボタンを押す (ビーコンの上部カバーの中央に) そして、保持し続けます 3 秒;
赤は何回かは、その後オフになりLEDが点滅します, それはビーコンがオンで放送を開始することを意味します.

H1-iBeaconをOFFにしてください:
ボタンを押す (ビーコンの上部カバーの中央に) そして、保持し続けます 3 秒;
赤のライトを導きました 2 秒は、その後オフになります, それはビーコンがオフになっていることを意味し、放送を停止します.

2. スキャンし、H1-iBeaconに接続します

  • ユーザーは、彼/彼女の電話のBluetoothをオンにします, APPは、近くのH1-iBeaconデバイスを検索することができます. APPは、信号強度を介して走査装置を並べ替えることができ, メジャーまたはマイナー値.
  • 設定する必要があるデバイスをクリック, パスワードの入力を求めるダイアログボックスが存在します. ユーザーは、正しいパスワードを入力すると, 彼は、パラメータを設定するには、コンフィギュレーション・インターフェースに入ることができます.
  • ユーザーが内の任意の操作を持っていない場合、デバイスは自動的に切断されます 1 分. ユーザーがクリックすることができます ディスコネクト デバイスにアプリケーションを再接続するためのインタフェースの右上隅に.

3. H1-iBeaconパラメータの設定

読み取り可能とデバイスパラメータの設定

  1. - UUID
  2. - Major
  3. - Minor
  4. - Measured Distance(RSSI@1m)
  5. - TX PowerTransmission Power
  6. - Broadcasting Interval
  7. - iBeacon Name
  8. - Device ID
  9. - Password
  10. - Connection Mode

読み取り可能と非構成可能なデバイスのパラメータ

  1. - Battery
  2. - MAC Address
  3. - Device Information
  4. - RSSI curve

3.1 設定しUUID

  • デフォルトのUUID: E2C56DB5-DFFB-48D2-B060-D0F5A71096E0
  • ユーザは、入力ボックスに標準フィールドの要件を満たすUUID値を入力することができます(16バイト).

3.2 設定メジャーとマイナー

  • デフォルトの主な: 0
  • デフォルトのマイナー: 0
  • ユーザーは、メジャーとマイナーを設定するには、小数点以下の桁数を書き込み. からの値の範囲 0 に 65535, 0xFFFFのに0000を16進数に対応します.

3.3 測定距離を設定します(RSSIする@ 1メートル)

  • RSSI-受信信号強度表示
  • RSSIする@ 1mがデバイスは、信号強度を受信する受信機を意味します 1 メートル. 実際の試験結果と値アコード. 通常、我々は、ユーザーがこの値を設定することを示唆していません.

3.4 TX電力を設定します(送信電力)

  • デバイスの送信電力は、チップによって決定されます.
  • デフォルトのTxパワー: -4dBmの.
  • Txの電源は、次のデータの一つとして構成することができます:-40dBmの,-30dBmの,-20dBmの,-16dBmの,-12dBmの,-8dBmの,-4dBmの,0dBmの,4dBmの.

3.5 設定放送間隔

  • デバイスの間隔はiBeacon情報を放送します.
  • デフォルトの放送間隔: 1000ミズ.
  • 放送間隔の調整可能な間隔は100ミリ秒です, 放送間隔は100ミリ秒から10秒の範囲であり、.

3.6 デバイスIDを変更します。

  • デバイスID,の範囲であり、 00000 に 99999.

3.7 iBeacon名

  • デフォルトiBeacon名前: 「MkiBeacon_」.
  • iBeacon名の最大長は、 10 文字 (文字のみ, 数字, そして、下線).

3.8 パスワードを変更します。

  • デフォルトのパスワード: Moko4321
  • パスワードの長さ:8 文字 (文字と数字のみ, そして文字は大文字と小文字が区別されます).
  • ユーザーがパスワードを変更するために二度同じ内容を入力する必要があります.

3.9 接続モードを設定します

  • デフォルトの接続モード: コネタブル.
  • H1-iBeaconは切り離し状態にあるときは, デバイスを設定することはできません. あなたは、接続モードを回復する必要がある場合, 次のステップとして行う必要があります (分離可能な状態でデバイス).
  • 1. 長押しボタンの 3 H1-iBeaconをオフにする秒;
  • 2. 長押しボタンの 3 H1-iBeaconをオンにする秒;
  • 3. デバイスは、内部に再起動された後、接続状態になります 1 分; ユーザーは、デバイスに接続し、接続可能な状態に接続モードを変更することができます.

3.10 デバイス情報

  • メーカー
  • 製品モデル
  • 製造日
  • Macアドレス
  • チップモデル
  • ハードウェアバージョン
  • ファームウェアのバージョン
  • 実行時間
  • システムID
  • IEEE
  • ここでは、例として、H1ビーコンを取るが、この命令は、H1に適用されます, H3, 等
  • デフォルトのパスワード: Moko4321

Eddystoneプロトコルであなたのビーコンの設定

Google Playのか、AppleのAppストアでMokoBeaconXを検索. または始めるために下のボタンをクリックしてください

MokoBeaconXアプリをダウンロード

1. オン/オフH1-iBeacon

H1-iBeacon ONにしてください:

  1. トップカバーの中央にあるボタンを押します;
  2. 赤は、数回の高速点滅を主導し​​、その後消灯し, それはビーコンがオンで放送を開始することを意味します.

H1-iBeaconをOFFにしてください:

  1. ボタンを押す (トップカバーの中央に) そして、のために保持し続けます 5 秒;
  2. 赤のLEDが点滅します 3 その後、時間とオフになります, それはビーコンがオフになっていることを意味し、放送を停止します.

2. スキャンし、H1-BeaconXに接続します

2.1 デバイスをスキャン

  1. 携帯電話のBluetoothをオンにしてからアプリを開きます MokoBeaconX;
  2. 触れます スキャンボタン ステータスバーの左上にデバイスのスキャンを開始します;
  3. デフォルトのスキャン時間があります 1 分;
  4. また、ユーザーは触れることができます スキャンボタン スキャンを停止するには;

5. 上部にある[フィルタの編集は、ユーザーがキーワードやRSSIをフィルタリングすることができます. キーワードは、デバイス名とMACアドレスの一部を含みます; RSSIは-127dBmから0dBmの範囲に;

例えば:
ダイアログに「F」と入力し、-87dBmするRSSIをスリップ, MokoBeaconXは、そのRSSI -87dBmよりも強く、そのデバイス名とMACアドレス「F」が含まれているデバイスが表示されます.

2.2 H1-BeaconXに接続します

  1. 青いボタンをタッチ 「CONNECT」 設定する必要があるデバイスに接続するには;
  2. 入力を求めるダイアログボックスがあります 8 文字のパスワード;
  3. ユーザーは、正しいパスワードを入力すると, 彼は、H1-BeaconXのパラメータを設定するには、コンフィギュレーション・インターフェースに入ることができます.

3. H1-BeaconXパラメータを設定します

3.1 スロットとサポートされているフレーム

がある 6 ユーザー定義のデータを放送するデフォルトのSLOTを含む活性SLOTの (デバイス名/ MACアドレス/バッテリー残量/接続ステータス), デフォルトのスロットは、他のフレームタイプとして設定することはできません.

他の 5 アクティブSLOTの 以下のタイプのいずれかとして構成することができます.

サポートされているフレーム

  • Eddystone™-UID
  • Eddystone™-URL
  • Eddystone™-TLM
  • iBeacon (UUID /メジャー/マイナー)
  • データなし(SOLTが遮断されます)

ユーザーは異なったSLOTに一つのフレームタイプを設定することができます. 例えば, H1-BeaconX

ブロードキャストすることができます 5 同時にiBeaconデータのセット, または、それらは同時に放送することができます 3 URLデータのセットプラス 1 UIDデータのセットと、 1 TLMデータのセット. また、ユーザーが設定することができます 5 NO DATAとしてSLOTの,

それは、H1-BeaconXのみ、ユーザー定義のデータを放送する意味します.

注意: TLMは、放送中に一つだけを示しています. 多くのための, クリックしてください Eddystone-TLM

デフォルトで, H1-BeaconX放送のURL(HTTPS://www.mokosmart.com) そして、iBeacon. 私たちは、お客様のニーズに応じて、デフォルトの設定を調整することができます.

3.2 パラメータを設定します

  • フレームタイプの関連データ;
  • 広告インターバル;
  • TX電力(送信電力);
  • 電力測定(RSSI @ 1メートル/ 0メートル);
  • ユーザー定義のデータ(デバイス名/パスワード/接続ステータス).

各スロットには、独立したTXパワーと測定されたパワーを持っています. すべてのSOLTSは広告間隔のセットを共有します.
設定した後, 設定を保存するには、ステータスバーの右上隅に保存ボタンをタッチ. その他の操作は、設定を解除します.

Eddystone™- UID
  1. Namespace--- 10bytes Hexadecimal number
  2. Instance ID --- 6bytes Hexadecimal number
Eddystone™- URL

URLスキーム接頭辞

1. HTTP://WWW.

2. HTTPS://WWW.

3. HTTP://

4. HTTPS://

エンコードされたURL(次のいずれかがokです):

1. 1-16 文字とEddystone-URLのHTTP URLエンコーディング(以下など);

2. 1-17 文字

現在サポートされているEddystone-URLのHTTP URLエンコード

注意: 範囲 07-13 同じトップレベルドメインを定義します 00-06 無し /.

Eddystone™- TLM

NO設定可能なフレームタイプのデータがありません.

iBeacon
  1. Major ---0-65535
  2. Minor ---0-65535
  3. UUID---16bytes Hexadecimal number

3.2.2 広告インターバル

  • デフォルトの広告間隔: 1000ミズ.
  • 広告間隔の調整可能な間隔は100ミリ秒です, そして300msの-4000msの調整範囲.
  • すべてのスロットのための広告間隔が同じです. あなたは500ミリ秒にSLOTの広告間隔を変更する場合、それは意味します, 他のスロットの広告間隔も500msのように変更されます.

3.2.3 TX電力(送信電力)

  • デバイスの送信電力は、チップによって決定されます.
  • デフォルトのTxパワー: 0dBmの.
  • Txの電源は、次のデータの一つとして構成することができます:-40dBmの,-20dBmの,-16dBmの,-12dBmの,-8dBmの,-4dBmの,0dBmの,4dBmの.

3.2.4 電力測定(RSSI @ 1メートル/ 0メートル)

  • RSSI-受信信号強度表示.
  • RSSIする@ 1mがデバイスは、信号強度を受信する受信機を意味します 1 メートル. (iBeacon用)
  • RSSIする@ 0メートルデバイスは、信号強度を受信する受信機を意味します 0 メートル. (Eddystoneのための™ )
  • 実際の試験結果と値アコード. 通常、我々は、ユーザーがこの値を設定することを示唆していません.

3.2.5 ユーザー定義のデータ

装置名
  • デフォルトiBeacon名前: 「BeaconX」.
  • H1-BeaconXデバイス名の最大長さであります 8 文字 (文字のみ, 数字, そして、下線が許可します).
パスワードを変更します。
  • デフォルトのパスワード: "Moko4321".
  • パスワードの長さ:8 文字 (文字と数字のみ, そして文字は大文字と小文字が区別されます).
  • ユーザーがパスワードを変更するために二度同じ内容を入力する必要があります.
接続ステータス
  • デフォルトの接続モード: コネタブル.
  • H1-BeaconXは切り離し状態にあるときは, デバイスを設定することはできません. あなたは、接続モードを回復する必要がある場合, あなたは、以下の手順に従ってください (分離可能な状態でデバイス).

1. 長押しボタンの 5 H1-BeaconXをオフにする秒;

2. H1-BeaconXをオンにするボタンを押します;

3. デバイスは、内部接続の状態になります 100 回放送; ユーザーは、デバイスに接続し、接続可能な状態に接続モードを変更することができます

.

ファクトリーリセット
  • 工場出荷時の設定にH1-iBeaconを作ります, しかし、パスワードは復元されません.
ファームウェアのアップデート
  • 開発される

4. デバイス情報

  • SOC(充電の状態)
  • Macアドレス
  • 製品モデル
  • ソフトウェアのバージョン
  • ハードウェアバージョン
  • 製造年月日
  • 製造