• 例としてH1ビーコンを取り上げますが、この説明はH1に適用されます, H2, H3, 等
  • デフォルトのパスワード: モコ4321

iBeaconでビーコンを設定する

Google PlayまたはApple App StoreでMokoBeaconを検索してください. または、下のボタンをクリックして開始してください

MOKOBeacon APPをダウンロード

1. H1-iBeaconのオン/オフ

H1-iBeaconをオンにする:

ボタンを押す (ビーコンの上部カバーの中央) そして保持し続ける 3 秒;
赤いLEDが数回点滅してから消えます, ビーコンがオンで、放送を開始することを意味します.

H1-iBeaconをオフにする:
ボタンを押す (ビーコンの上部カバーの中央) そして保持し続ける 3 秒;
赤いLEDが点灯します 2 秒後にオフになります, ビーコンがオフになっていて、ブロードキャストが停止していることを意味します.

2. スキャンしてH1-iBeaconに接続

  • ユーザーがスマートフォンでBluetoothをオンにしたとき, APPは近くのH1-iBeaconデバイスを検索できます. APPは信号強度を介してスキャンしたデバイスを並べ替えることができます, メジャーまたはマイナー値.
  • 設定が必要なデバイスをクリックする, パスワードの入力を求めるダイアログボックスが表示されます. ユーザーが正しいパスワードを入力したとき, 彼はパラメータを設定するために設定インターフェースに入ることができます.
  • ユーザーが操作を行わない場合、デバイスは自動的に切断されます 1 分. ユーザーは 切断する アプリをデバイスに再接続するためのインターフェースの右上隅.

3. H1-iBeaconパラメーターの構成

読み取り可能で構成可能なデバイスパラメータ

  1. - UUID
  2. - Major
  3. - Minor
  4. - Measured Distance(RSSI@1m)
  5. - TX PowerTransmission Power
  6. - Broadcasting Interval
  7. - iBeacon Name
  8. - Device ID
  9. - Password
  10. - Connection Mode

読み取り可能で構成不可能なデバイスパラメータ

  1. - Battery
  2. - MAC Address
  3. - Device Information
  4. - RSSI curve

3.1 UUIDを構成する

  • デフォルトのUUID: E2C56DB5-DFFB-48D2-B060-D0F5A71096E0
  • ユーザーは、入力ボックスの標準フィールドの要件を満たすUUID値を入力できます(16バイト).

3.2 メジャーとマイナーを構成する

  • デフォルトのメジャー: 0
  • デフォルトのマイナー: 0
  • ユーザーが10進数を書き込んで、メジャーとマイナーを構成する. 値の範囲は 0 に 65535, 16進数の0x0000〜0xFFFFに対応.

3.3 測定距離の設定(RSSI @ 1m)

  • RSSI-受信信号強度表示
  • RSSI @ 1mは、レシーバーデバイスが信号強度を受信することを指します。 1 メーター. 値は実際のテスト結果と一致します. 通常、ユーザーがこの値を構成することはお勧めしません.

3.4 Tx Power(送信電力)を設定します

  • デバイスの送信電力はチップによって決定されます.
  • デフォルトの送信電力: -4dBm.
  • Tx Powerは、次のデータのいずれかとして構成できます:-40dBm,-30dBm,-20dBm,-16dBm,-12dBm,-8dBm,-4dBm,0dBm,4dBm.

3.5 ブロードキャスト間隔を構成する

  • デバイスがiBeacon情報をブロードキャストする間隔.
  • デフォルトのブロードキャスト間隔: 1000MS.
  • ブロードキャスト間隔の調整可能な間隔は100msです, ブロードキャスト間隔は100ミリ秒から10秒の範囲です.

3.6 デバイスIDを変更

  • デバイスID,からの範囲 00000 に 99999.

3.7 iBeacon名

  • デフォルトのiBeacon名: 「MkiBeacon_」.
  • iBeacon名の最大長は 10 キャラクター (文字のみ, 数, と下線).

3.8 パスワードを変更

  • デフォルトのパスワード: モコ4321
  • パスワードの長さ:8 キャラクター (文字と数字のみ, 文字は大文字と小文字が区別されます).
  • ユーザーはパスワードを変更するために同じ内容を2回入力する必要があります.

3.9 接続モードの構成

  • デフォルトの接続モード: 接続可能.
  • H1-iBeaconが切断可能な状態の場合, デバイスを構成できません. 接続可能モードを回復する必要がある場合, あなたは次のステップとして行うべきです (切断可能な状態のデバイス).
  • 1. ボタンを長押しして 3 H1-iBeaconをオフにする秒数;
  • 2. ボタンを長押しして 3 H1-iBeaconをオンにする秒数;
  • 3. 内で再起動した後、デバイスは接続可能なステータスになります 1 分; ユーザーはデバイスに接続し、接続モードを接続可能なステータスに変更できます.

3.10 デバイス情報

  • メーカー
  • 製品モデル
  • 製造日
  • Macアドレス
  • チップモデル
  • ハードウェアバージョン
  • ファームウェアバージョン
  • 実行時間
  • システムID
  • IEEE
  • 例としてH1ビーコンを取り上げますが、この説明はH1に適用されます, H3, 等
  • デフォルトのパスワード: モコ4321

Eddystoneプロトコルを使用してビーコンを設定する

Google PlayまたはApple App StoreでMokoBeaconXを検索. または、下のボタンをクリックして開始してください

MokoBeaconXアプリをダウンロード

1. H1-iBeaconのオン/オフ

H1-iBeaconをオンにする:

  1. トップカバー中央のボタンを押す;
  2. 赤いLEDが数回速く点滅してから消灯する, ビーコンがオンで、放送を開始することを意味します.

H1-iBeaconをオフにする:

  1. ボタンを押す (トップカバー中央) そしてのために保持し続ける 5 秒;
  2. 赤いLEDが点滅 3 回してからオフにします, ビーコンがオフになっていて、ブロードキャストが停止していることを意味します.

2. H1-BeaconXをスキャンして接続する

2.1 デバイスをスキャンする

  1. スマートフォンのBluetoothをオンにして、アプリを開きます MokoBeaconX;
  2. タッチ スキャンボタン デバイスのスキャンを開始するステータスバーの左上隅;
  3. デフォルトのスキャン時間は 1 分;
  4. ユーザーはまた触れることができます スキャンボタン スキャンを停止するには;
mokosmart ibeacon eddystoneビーコンセットアップページ

5. 上部の編集フィルターは、ユーザーがキーワードとRSSIをフィルターするのに役立ちます. キーワードには、デバイス名とMacアドレスの一部が含まれます; RSSIの範囲は-127dBm〜0dBm;

例えば:
ダイアログに「F」を入力し、RSSIを-87dBmにスリップします。, MokoBeaconXは、RSSIが-87dBmよりも強く、デバイス名とMacアドレスに「F」が含まれるデバイスを表示します.

2.2 H1-BeaconXに接続

  1. 青いボタンをタッチします 「接続」 設定が必要なデバイスに接続する;
  2. 入力を求めるダイアログボックスが表示されます 8 文字パスワード;
  3. ユーザーが正しいパスワードを入力したとき, 彼はH1-BeaconXのパラメータを設定するために設定インターフェースに入ることができます.

3. H1-BeaconXパラメータを構成する

3.1 スロットとサポートされているフレーム

がある 6 ユーザー定義データをブロードキャストするデフォルトのSLOTを含むアクティブなSLOT (デバイス名/ MACアドレス/バッテリーレベル/接続ステータス), デフォルトのSLOTを他のフレームタイプとして構成することはできません.

その他 5 アクティブなスロット 以下のタイプのいずれかとして構成できます.

サポートされているフレーム

  • エディストーン™-UID
  • エディストーン™-URL
  • エディストーン™-TLM
  • iBeacon (UUID /メジャー/マイナー)
  • データなし(SOLTはオフになっています)

ユーザーは1つのフレームタイプを異なるSLOTに設定できます. 例えば, H1-BeaconX

放送できる 5 同時にiBeaconデータのセット, または彼らは同時に放送することができます 3 URLデータのセットと 1 UIDデータのセットと 1 TLMデータのセット. ユーザーは、 5 データなしのスロット,

つまり、H1-BeaconXはユーザー定義データのみをブロードキャストします.

注意: TLMはブロードキャストに1つだけを表示します. 多くのための, クリックしてください Eddystone-TLM

デフォルトでは, H1-BeaconXブロードキャストURL(https://www.mokosmart.com) とiBeacon. お客様のニーズに応じてデフォルト設定を調整できます.

3.2 パラメータを設定する

  • フレームタイプの関連データ;
  • 広告間隔;
  • Tx Power(送信電力);
  • 測定パワー(RSSI @ 1m / 0m);
  • ユーザー定義データ(デバイス名/パスワード/接続状態).

各SLOTには独立したTX電力と測定電力があります. すべてのSOLTSは一連の広告間隔を共有します.
構成後, ステータスバーの右上にある保存ボタンをタッチして設定を保存します. 他の操作は設定をキャンセルします.

エディストーン™- UID
  1. Namespace--- 10bytes Hexadecimal number
  2. Instance ID --- 6bytes Hexadecimal number
エディストーン™- URL

URLスキームプレフィックス

1. http://www.

2. https://www.

3. http://

4. https://

エンコードされたURL(次のいずれでもかまいません):

1. 1-16 文字とEddystone-URL HTTP URLエンコーディング(以下);

2. 1-17 キャラクター

現在サポートされているEddystone-URL HTTP URLエンコーディング

注意: 範囲 07-13 同じトップレベルドメインを 00-06 なし /.

エディストーン™- TLM

構成可能なフレームタイプデータなし.

iBeacon
  1. Major ---0-65535
  2. Minor ---0-65535
  3. UUID---16bytes Hexadecimal number

3.2.2 広告間隔

  • デフォルトの広告間隔: 1000MS.
  • 広告間隔の調整可能な間隔は100msです, そして300ms-4000msの調節可能な範囲.
  • すべてのSLOTの広告間隔は同じです. これは、SLOTの広告間隔を500ミリ秒に変更した場合, 他のSLOTの広告間隔も500msに変更されます.

3.2.3 Tx Power(送信電力)

  • デバイスの送信電力はチップによって決定されます.
  • デフォルトの送信電力: 0dBm.
  • Tx Powerは、次のデータのいずれかとして構成できます:-40dBm,-20dBm,-16dBm,-12dBm,-8dBm,-4dBm,0dBm,4dBm.

3.2.4 測定パワー(RSSI @ 1m / 0m)

  • RSSI-受信信号強度表示.
  • RSSI @ 1mは、レシーバーデバイスが信号強度を受信することを指します。 1 メーター. (iBeaconの場合)
  • RSSI @ 0mは、レシーバーデバイスが信号強度を受信することを指します。 0 メーター. (エディストーン用™ )
  • 値は実際のテスト結果と一致します. 通常、ユーザーがこの値を構成することはお勧めしません.

3.2.5 ユーザー定義データ

装置名
  • デフォルトのiBeacon名: 「BeaconX」.
  • H1-BeaconXデバイス名の最大長は 8 キャラクター (文字のみ, 数, 許可された下線).
パスワードを変更
  • デフォルトのパスワード: 「Moko4321」.
  • パスワードの長さ:8 キャラクター (文字と数字のみ, 文字は大文字と小文字が区別されます).
  • ユーザーはパスワードを変更するために同じ内容を2回入力する必要があります.
接続状態
  • デフォルトの接続モード: 接続可能.
  • H1-BeaconXが切断可能な状態の場合, デバイスを構成できません. 接続可能モードを回復する必要がある場合, 以下の手順に従ってください (切断可能な状態のデバイス).

1. ボタンを長押しして 5 H1-BeaconXをオフにする秒数;

2. ボタンを押してH1-BeaconXをオンにします;

3. デバイスは接続可能状態になります 100 回放送; ユーザーはデバイスに接続し、接続モードを接続可能なステータスに変更できます

.

工場をリセット
  • H1-iBeaconを工場出荷時の設定にします, しかし、パスワードは復元されません.
ファームウェアの更新
  • 開発される

4. デバイス情報

  • SOC(充電状態)
  • Macアドレス
  • 製品モデル
  • ソフトウェアバージョン
  • ハードウェアバージョン
  • 製造年月日
  • 製造