スマートゲートウェイとは? 選び方?

目次
スマートゲートウェイとは何ですか

インターネット時代とは対照的に, IoT の通信プロトコルにはさらにいくつかの方法が追加されています, 特にオブジェクトの断片化に関して. しかし、ここからがスマートゲートウェイが重要になります. これらは、レガシーデバイスだけでなく次世代デバイスも IoT に導入する上で重要な要素になりつつあります。. スマート ゲートウェイは、さまざまなデバイスから情報を収集し、次のレベルに送信できます。. 最もシンプルな家庭環境から始める, スマート ゲートウェイは、ますますつながりを増す私たちの生活の最良のパートナーとなっています。. まず、スマート ゲートウェイの定義とその実際のアプリケーションを見てみましょう.

スマートゲートウェイとは?

スマートゲートウェイ, または IoTゲートウェイ, さまざまなデバイスをクラウドに接続するネットワークデバイスです, ローカルサーバー, および特定のハードウェアおよびソフトウェアを介した他のデバイス. 広域およびローカルエリアの相互接続を可能にします, プロトコル変換を通じて、異なるタイプの知覚ネットワーク間の相互接続とデータ交換を可能にする.

確かに, これらのスマート デバイスは、さまざまな IoT デバイスとクラウドまたは中央管理システムの間のブリッジとして機能するため、「ゲートウェイ」と呼ぶのが最も適切です。. 外交会議に多言語に精通した通訳がいるようなもので、異なる言語を話す人々の間でもスムーズなコミュニケーションが可能になります。. その主な役割は収集することです, 感覚層からのデータを処理して転送し、IoT デバイス間の通信とデータ対話を促進します。. スマート ゲートウェイは、次のようなさまざまなワイヤレス プロトコルをサポートできます。 Zigbee, ブルートゥース, Wi-Fi イーサネットなどの有線インターフェースも.

スマートゲートウェイが必要な理由

IoT アーキテクチャ内, センシング層とネットワーク層の間に中間デバイスが必要です. これらはスマートゲートウェイと呼ばれます. これらは、使いやすいインターフェイスを使用して、さまざまなメーカーの複数のスマート製品を監視および制御できる中央ハブとして機能します。.

電球などのスマート ホーム デバイスが多数あるとします。, ドア/窓センサー, 煙感知器など, それらはすべて異なる通信プロトコルで動作します. それらをまとめる仲介者がいなかったら、それらは連携して機能できないばらばらのオブジェクトのコレクションを形成することになります。. ここでスマートゲートウェイが活躍します.

自動化を実現するには, アプリのリモート制御とデバイス間の連動, スマートホームデバイスは通常、何らかのスマートプラットフォームに接続する必要があります. ただし、Zigbee や Bluetooth などのローカル エリア ネットワークはインターネットに直接接続しません。. したがって, また、これらのプラットフォームとデバイスの間のゲートウェイが橋渡しをする必要があります。これらのデバイスは、知性が混乱するのを防ぐハウスキーパーとして機能します。.

スマートゲートウェイはどのように機能するのか

スマート ゲートウェイには、異なるスマート デバイス通信プロトコル間で変換するように設計されたファームウェアが組み込まれています。. これにより、WiFi などの異なる規格を使用するデバイスが可能になります。, ブルートゥース, Zigbee と Z-Wave が相互に通信する. 例えば, Bluetooth ゲートウェイには Bluetooth モジュールと WiFi モジュールがあり、Bluetooth デバイスと WiFi デバイスの両方を接続して管理できます。. ゲートウェイは、エンドポイントの Bluetooth および WiFi デバイスからデータを収集し、これらのデバイスとクラウドベースのアプリケーションの間でデータを転送するコントロール ポイントとして機能します。.

スマートゲートウェイアーキテクチャ

現実の世界 ユースケース のために スマートゲートウェイ

スマート ゲートウェイは、業界全体で素晴らしいモノのインターネットを実現するために不可欠です. これらの賢いデバイスは、あらゆる種類のデバイスとネットワークをシームレスに接続します, 統合されたデバイス管理とデータ交換が可能になります. スマート ゲートウェイ マジックの非常に実践的な例をいくつか紹介しましょう.

スマートホームオートメーション

あなたの スマートホーム スマートゲートウェイが脳のハブとして機能しなければ、これほどインテリジェントになることはありません. 接続されたすべてのクールなライトをうまく調整します, サーモスタット, 防犯カメラ, 電化製品 – あなたがそれを名付けます! 単一のアプリまたは音声アシスタントを使用する, Zigbee などのプロトコルを利用してギズモを制御します, ブルートゥース, スマートゲートウェイを介したWiFi. スマート プラグ ゲートウェイはセンサー データも収集し、クラウドと同期してリモート監視と省エネ管理を実現します。.

スマートホームのスマートプラグゲートウェイ

産業用IoT

製造工場や工場では、スマート産業用ゲートウェイを使用して、機械や機器を監視するための優れた IoT センサーを提供しています。. これらのゲートウェイは、PLC からリアルタイム データを収集して処理します。, ロボット, コンベアなど, その後、洞察を監視ダッシュボードにプッシュします. こんにちは、工場の生産性が向上しました, より良い品質の製品, 人件費の節約!

スマート農業

野原に出て, スマート農業 土壌センサーからデータを収集および処理するゲートウェイに依存します, ドローンカメラ, 気象観測所 – あなたがそれを名付けます – 長距離 LoRaWAN ネットワーク経由. 農家はこのデータの宝庫を利用して灌漑を最適化します, レーザーフォーカスの肥料と農薬, 全体的な作物収量を増加させる. しかしそれだけではありません – ゲートウェイは牛と羊をリモートで監視および追跡します!

フリートの追跡と管理

トラック運送業者およびフリートオペレーター向け, スマート ゲートウェイは、GPS 位置データと温度やドアの状態の読み取り値などのセンサー入力を融合します。. これにより、移動中の車両と資産のリアルタイムのビジョンが得られます。. 無線接続の活用 – セルラー, Wi-Fi, ブルートゥース – ゲートウェイはデータをクラウドに迅速に転送します, 輸送中のサプライチェーンのセキュリティと完全性を確保する.

フリート追跡におけるスマート ゲートウェイ

スマートヘルスケア

ヘルスケアでは, IoT ゲートウェイを使用すると、医師は患者の位置をリアルタイムで監視して安全を確保できます。. 生活支援コミュニティ向け, センサーを織り交ぜたスマート ホーム ゲートウェイ, カメラとコミュニケータにより、高齢者住民の安全監視と迅速な緊急警報を提供します。.

の種類 違う スマートゲートウェイ

スマートゲートウェイには分類方法に応じてさまざまな種類があります. さまざまな通信プロトコルとユースケースをサポートするために、さまざまな形状とサイズが用意されています。. 有線と無線のオプションに加えて, 高度なゲートウェイにはエッジ コンピューティング機能を組み込むことができます.

スマートホームゲートウェイ

スマートデバイスを接続する (センサー, 交流, ワイヤレススイッチ) 非スマート IR デバイスを使用する場合, インターネット経由でのモバイルアプリ制御の有効化.

一般的なタイプは主に次のとおりです。:

  • ZigBee ゲートウェイ – センサー/スイッチなどのバッテリーデバイスに低電力 ZigBee プロトコルを使用. WiFi に障害が発生してもローカル接続を維持します, ただし壁の貫通は限られている.
  • Bluetoothゲートウェイ – ネイティブ Bluetooth を備えたデバイスが増えています. 異なるベンダーの Bluetooth 製品間の相互運用性の向上.

産業用ゲートウェイ

産業用IoTデバイスの異なるプロトコル間の通信を仲介します. コミュニケーション管理を統合, データ処理, プロトコル変換, 無線伝送. 環境モニタリング用の大規模なスマートセンサーネットワークを構築, 工場, 配電.

車両ゲートウェイ

モジュール間通信を可能にする車両のローカル ネットワーク コア (キーレス, 計器類, 操舵, レーダー, エンジン制御). 独自のベンダープロトコル間で通常の動作とエラー修正を調整します。.

セルラーゲートウェイ

セルラー接続を組み込む (4G/LTE, 5G) 有線ネットワークが利用できない場合に、携帯電話ネットワークを介したデバイス/システム通信を可能にする (遠隔モニタリング, 車両追跡, モバイルアプリ).

方法 cホースをかける rsマート g外食

利用可能なスマートゲートウェイのオプションが多数あるため、, IoT プロジェクトに適したものを選択するのは難しい場合があります. でも落胆しないでください, 分解してみましょう:

  • サポートされているプロトコル: ゲートウェイが IoT デバイスで使用される通信プロトコルをサポートしていることを確認してください. スマートホームデバイス向け, 一般的なプロトコルには Bluetooth が含まれます, Wi-Fi, とZigbee.
  • パフォーマンス: 最近のほとんどの IoT プロジェクトでは、単純なデータ パススルーだけが必要です, 基本的な DTU で十分です. ただし、多くのデバイスを使用している場合は、, すべてのデータを解析できるゲートウェイが必要です. どれくらいの処理能力を考慮するか, メモリー, ゲートウェイが負荷を効果的に処理できるようにするためにアプリケーションが必要とする帯域幅.
  • 費用: 羽が多いほどゲートウェイが優れているとは限りません. 一般的, 高価なものには、より多くの機能と信頼性が含まれています. しかし、私たちは皆、自分のプロジェクトにかける予算が限られています, お金をかけずにニーズを満たすものを見つけてください.
  • ブランド: これらの IoT プロジェクトは少なくとも持続するように作られています 5-10 年, したがって、ゲートウェイは頑丈なものである必要があります. 私のおすすめ? 適切な資格情報を備えた MOKO SMART のような信頼できる IoT デバイス メーカーを利用してください。. そうやって, ゲートウェイは生き残るために構築されているのはご存知でしょう.

D間の相違 a ゲートウェイ そしてルーター

ゲートウェイとルーターはインターネットの交通管制センターのようなものです. どちらも異なるネットワーク間のデータ フローを調整するのに役立ちます, しかし、彼らには独自の専門分野があります. ルーターは地元の交通警察に似ています – 彼らは、同じように話している同様のタイプのネットワーク間で物事をスムーズに実行し続けることに優れています。 “言語。” ゲートウェイ, 一方, 多言語対応の踏切警備員のようなものです. 異なるプロトコルを使用するまったく異なるネットワーク間で、通信ミスなくデータを確実にマージできるようにします。.

必要に応じて、ルーターがいくつかの基本的なゲートウェイの役割を処理できるようになりました。, しかし、大きく異なるネットワーク プロトコル間の変換に関しては、ゲートウェイが真のプロです。. ゲートウェイは単なるルーターである必要はありません – それはスイッチかもしれない, コンピュータ, または重要なトランスレーターとして機能するデバイス. 最も一般的なタイプのゲートウェイは、ホーム ネットワークまたは企業ネットワークをインターネットに接続するために使用されるルーターです。.

スマートゲートウェイに関するよくある質問

スマートホームにはスマートゲートウェイが必要ですか?

– 必須ではありませんが、, スマート ゲートウェイは、スマート ホーム エコシステムの統合を大幅に強化します. 一般的, Bluetooth をサポートするゲートウェイ, Wi-Fi, Zigbee プロトコルはスマート ホームでより一般的です. 可能な限り、これらのプロトコルと互換性のある製品を選択してください.

スマート ゲートウェイにはどのような機能を求めるべきですか?

– スマートゲートウェイを選択する場合, デバイスとの互換性を優先する, Bluetoothなどのさまざまなプロトコルのサポート, Wi-Fi, とZigbee, セットアップの容易さ, 堅牢なセキュリティ機能, そして将来の拡張の可能性.

スマートゲートウェイを設定するにはどうすればよいですか?

– 製造元が提供するセットアップ手順に従ってください. MOKOSmart製品について, ユーザーが IoT ソリューションを理解し、適切に導入できるよう支援する包括的なユーザー マニュアルを提供しています。.

によって書かれた -
ニック・ヒー
ニック・ヒー
ニック, 当社のR部門の経験豊富なプロジェクトマネージャー&D部門, 豊富な経験をMOKOSMARTにもたらします, 以前はBYDでプロジェクトエンジニアを務めていた. R に関する彼の専門知識&D は、IoT プロジェクト管理に総合的なスキルをもたらします. しっかりした背景が広がっている 6 プロジェクト管理に長年携わり、PMP や CSPM-2 などの認定を取得, Nick は営業全体の調整に優れています, エンジニアリング, テスト, とマーケティングチーム. 彼が参加した IoT デバイス プロジェクトには、Beacon が含まれます, LoRaデバイス, ゲートウェイ, そしてスマートプラグ.
ニック・ヒー
ニック・ヒー
ニック, 当社のR部門の経験豊富なプロジェクトマネージャー&D部門, 豊富な経験をMOKOSMARTにもたらします, 以前はBYDでプロジェクトエンジニアを務めていた. R に関する彼の専門知識&D は、IoT プロジェクト管理に総合的なスキルをもたらします. しっかりした背景が広がっている 6 プロジェクト管理に長年携わり、PMP や CSPM-2 などの認定を取得, Nick は営業全体の調整に優れています, エンジニアリング, テスト, とマーケティングチーム. 彼が参加した IoT デバイス プロジェクトには、Beacon が含まれます, LoRaデバイス, ゲートウェイ, そしてスマートプラグ.
この投稿を共有
つながっている人に力を与える MOKOSmartの必要性 loTデバイスソリューション!