MK11 TI BluetoothCC2642モジュール

  • Texas Instruments CC2642RSoCソリューション
  • ブルートゥース 5 – 方向探知(AoA)/2 Mbps / CSA#2 /広告拡張機能/コード化されたPHY(長距離の)
  • 48 MHzARM®Cortex-M4FCPU
  • 352KBフラッシュ/ 256KBROM / 8KBキャッシュSRAM / 80KB超低リークSRAM
  • 1.8 V〜 3.8 V
  • UART / SPI / I2C / I2S / SSI / PDM / ADC / DAC
  • DC / DCコンバーターが有効
  • 25 x 17x 2.8mm (シールド付き)
  • -40 ℃〜85℃ (MAX105℃はカスタマイズ可能)
  • 30 GPIO
  • PCBアンテナ
MK01最小Bluetooth Mosule証明書アイコン
MK11A TI BluetoothCC2642モジュールバナー

製品の説明

MK11A cc2642モジュールは、Texas Instruments CC2642RSoCソリューションに基づく低コストで低消費電力のBluetoothモジュールです。, Bluetooth®をサポートする強力な48MHzArm®Cortex™-M4Fプロセッサを搭載 5.1 低エネルギーおよび専有 2.4 GHzアプリケーション.

これはBluetoothです 5.1 Bluetooth方向探知/ AoAをサポートするモジュール. MK11A TIBluetoothモジュールには352KBのインシステムプログラマブルフラッシュメモリが搭載されています, 80KB超低リークSRAM, 豊富なメモリがBLEの迅速な実装を強力にサポートします 5.1 解決. MK11Aは105℃まで対応可能 (カスタマイズが必要), ますます複雑な環境アプリケーションに対応できます.

MK11A cc2642モジュールは、セキュリティシステムの構築における低電力ワイヤレス通信と高度なセンシング用に最適化されています, HVAC, 資産管理, 医療, 有線ネットワーク, ポータブルエレクトロニクス, ホームシアター & エンターテインメント, および接続された周辺機器市場, および産業性能が要求されるアプリケーション.

Bluetoothモジュールの構造図

製品仕様

細部説明
ブルートゥース
BluetoothバージョンBluetooth® 5.1 SoC Bluetooth Low Energy CSA #2 LE 1M PHY, LE 2M PHY, LEコード化されたPHY (長距離) Bluetooth®メッシュ 方向探知/ AoA 広告表示オプション
安全保障AES 128- および256ビットの暗号アクセラレータ
接続コンカレントセントラル, 観察者, 周辺, 1つのオブザーバーと1つのブロードキャスターと共に最大20の同時接続を持つブロードキャスターの役割
無線
周波数2360MHz - 2500Mhz
変調GFSK 1 Mbps, 2 Mbpsデータレート
送信電力+5 最大dBm
受信感度-105 BluetoothのdBm 125 kbps (LEコード化されたPHY)
-97 dBm for 1 Mbps PHY
アンテナPCBトレースアンテナ
アドバタイズ距離@ 1Mbpsより多い 120 メートル
機械設計
外形寸法長さ: 25mm±0.2mm
幅: 17mm±0.2mm
高さ: 2.8mm + 0.1mm / -0.15mm
パッケージ36 メッキハーフホールピン
PCB材料FR-4
インピーダンス50 Ω

サポートリンク

項目説明リンク
メインチップソリューションTI2642製品仕様https://www.ti.com/lit/ds/symlink/cc2642r.pdf?&ts=1590141666730
ユーザーマニュアルBluetoothUART透過伝送https://www.mokosmart.com/pdf/Bluetooth UART Guide-V1.0-20091001.pdf
データシート - MK11ABluetoothモジュールhttps://www.mokosmart.com/pdf/MK11A_Bluetooth_Moduel_Datasheet-V1.1_20101501.pdf
回路図回路図 - MK11Ahttps://www.mokosmart.com/pdf/MK11A%20Schematic-V1.0-20090401.pdf
製品一覧 - Bluetoothモジュールhttps://mokosmart.com/pdf/MOKO%20Bluetooth%20Module%20Family-20090401.pdf